歯医者とお薬のお話 #8【野崎駅前歯科クリニック】

歯医者では、問診票にお薬を書く欄があると思います。今回は歯科と関わりのある薬の話です。
骨粗鬆症やガン転移を防ぐ薬、ビスフォスフォネート系。この薬は抜歯をすると、あごの骨に壊死の副作用が出る事があります。2年前より有効な対処法が確立され、当院ではお薬を停止することなく抜歯しています。
免疫抑制剤、ステロイド等はリウマチ等の自己免疫疾患の治療に用いられます。この薬は歯茎の防衛力が低下するため、健全な歯茎がみるみる重度の歯周病になってしまう事もあります。使用する場合は、短い頻度で歯科医院でお口の手入れをしてもらう事が必須だと考えています。
脳血管や循環器の疾患に用いられる、血をサラサラにする薬は歯を抜くと血が止まりません。当院では様々な止血材を用意している為、お薬を停止することなく抜歯していますが、気を使うことにはかわりません。
抗菌剤もチェックする必要があります。薬が被り必要以上の投薬になるのを防ぐ為です。また菌交代とよばれる、常在菌のバランスが乱れて別の疾患が引き起こされる事にも留意します。ほとんど全ての薬には多かれ少なかれ唾液の分泌量が減少し、それが口臭や味覚障害の原因となる場合があります。
このように、薬は歯科診療において重要な要素となりますので、歯科を受診される際はお薬手帳の提示、または口頭で伝えるようにしましょう。

野崎駅前歯科52

会社名 野崎駅前歯科クリニック
TEL 072-863-2118
ADDRESS 大東市北条1-1-25 野崎駅前ビル2F

関連記事

  1. 廣田先生56

    The Doctors FILE#01【惠和会 総合クリニック】

  2. 羊肉

    食べても食べても太らないラム肉!【羊蹄(ようてい)】

  3. 愛真体操54

    広い園庭で遊んでみませんかー! みんなのあいしん幼稚園♪【愛真幼稚園】

  4. クールボヌール59

    【サロン’de クールボヌール】スタンダード+ホワイトパック+エイジング 2160円!

  5. nakubo01

    名窪緑子の心と体の元気快福サロン通信 番外編【(株)ほりすてぃっく】

  6. 52公文先生

    子どもがつまずく前に始めるとママも楽チン!【大東市 公文式教室】