TOMITA’S LAB study vol.4 《南向きの敷地がいいとは限らない》【冨田建設】

敷地を探す時、とりあえず南向きかどうかチェックしていませんか?
確かに日照の関係で、無意識に南向きの物件がいいと感じるのは自然な流れかもしれません。
 ところが実は、住宅建築家の立場から言うと、場合によっては北向き(道路が北側に面している)の物件の方が設計しやすいと言います。つまり結果住み心地
のよい家、さらには見栄えのよい家になるというのです。
 南向きの家で憧れの大きな窓をとったものの結局日中はレースのカーテンを閉めっぱなしな家もよく見かけます。北向きであれば割り切って閉じることによって、道路からの視線を遮り、生活感を隠せることで南側に面したお部屋を開放的にすることが可能になります。

また、窓がポイントになったり格子など外壁の素材が建物の表情をつくりデザイン性の高い家にもなるようです。
 土地に余裕のある地域なら南向きがよいと思いますが、都市型の住宅地ならあえて南向きに拘る必要は全くありません。むしろ、価格がいくらか安く入手できるのであれば、他の条件が気にいった土地であればまさに掘り出し物
 こうした一般的に不利とされている土地条件や形状を有利に逆転させるこ
とができ、土地予算も抑えることが出来るのです。

47-13-2

イベントスケジュール
賢い家づくり勉強会…9/23・10/22
子育て講座コラボ企画…9/24
完成見学会(日時決まり次第お知らせ致します。)
 etc…随時ホームページにて更新中!

会社名 冨田建設株式会社 担当:岩渕、本田
ADDRESS 大東市大野1-4-4
TEL 072-872-1348
FAX 072-874-4024
WEB http://www.tomitaform.com/
MAIL info@tomitaform.com

関連記事

  1. 大阪府議・知事選挙(昭和54年4月)

  2. 成年後見・相続遺言なんでも相談会【濱元行政書士事務所】

  3. 野崎徳洲会病院だよりカルテ7【野崎徳洲会病院】

  4. 筋トレを通じて人生を豊かに! 健康寿命を伸ばすサポート。【つじのわかがえりフィットネス】

  5. 2階は限定貸し切り。今年はビストロへ【ビストロ IMAKURA】

  6. 四条畷駅西側南口開通(昭和57年6月)