「住まいへの道」《住宅履歴とアフターメンテナンス》【冨田建設】

住宅は「作っては壊す」から、
「きちんと手入れして、長く大切に使う」時代へ

これからは、日本も欧米のように、「資産」として住宅の価値を高めていく時代へと変化していきます。
長く住み継いでいくには、最初に丈夫な家を建てるだけでなく、適切な時期に適切なメンテナンスを行い、住宅履歴をきちんと保管しておくことが大切です。住宅履歴とは、いつ、だれが、どのように、新築や改修等を行ったかの記録です。
近年、中古住宅市場では、住宅の品質確保のためにホームインスペクション( 住宅診断) と住宅履歴が重要視されるようになってきています。車と同様に、同じ築年数でも、メンテナンスがきちんと行われ、住宅履歴のある家の方が価値は高くなりま
す。「アフターメンテナンス」と「住宅履歴」。
これが、住宅の資産価値の維持・向上につながるポイントです。
家は建てて終わりではありません。資産価値の高い家づくりを目的とする冨田建設では、住宅履歴管理やメンテナンスサービスなどを通じ、資産価値を維持・向上するためのサポートも行っています。

冨田建設vol_43_8-1

会社名 冨田建設株式会社 担当:岩淵、本田
ADDRESS 大東市大野1-4-4
TEL 072-872-1348
FAX 072-874-4024
WEB http://www.tomitaform.com/
MAIL info@tomitaform.com

関連記事

  1. 消防出初式の様子(昭和57年1月)

  2. 新鮮な肝類をお造りでどうぞ。【やきとり・地鶏スープ鍋 とりよし】

  3. 古書ゆうらく

  4. TOMITA’S LAB study vol.4 《南向きの敷地がいいとは限らない》【冨田建設】

  5. 新車購入からアフターサポートまでオールラウンドな町の車屋さん。【株式会社 ライズネクスト】

  6. 第3回近畿私立中学校高等学校展【進学塾みらい】