「住まいへの道」《家の構造と施工について》【冨田建設】

改めて考えさせられる、住宅の耐震強度と施工について

熊本地震で、震度7を2回記録した熊本県益城町では、新耐震基準の規定が強化された2000 年以降に建てられた計17 棟が全壊した報告がありました。
調査をした大学教授陣は「現行の基準は『倒壊しない』という最低基準であり、基準に適合していても地盤や設計、施工の不良があれば倒壊・全壊することは想定される」と指摘しています。冨田建設では、最善の地盤改良と強度の確保の他、空間の自由度を上げつつ、過剰な部材利用によるコスト増を避ける為に、許容応力度計算法を用いた構造設計による耐震等級3の推奨と共に、当社が信頼する施工技術者による確かな技術力で施工をしています。

tomita-2

tomita-1

代表取締役 冨田 泰富さん 赤井在住
奈良奥山ドライブウェイは桜の時季も紅葉の時季も綺麗でオススメです。

会社名 冨田建設株式会社
ADDRESS 大東市大野1-4-4
TEL 072-872-1348
FAX 072-874-4024
WEB http://www.tomitaform.com/

関連記事

  1. 冷え冷え畳で あつ~い夏を乗りきるッ!!【うえむら畳商店】

  2. がっかりさせない!忘・新年会【中国旬彩 喜千 きち】

  3. 紙飛行機

  4. 歯並びのご相談は矯正歯科へ【ちあき矯正歯科】

  5. ランチブッフェ準備中!【ビストロカフェ KUKKA】

  6. 操体法を取り入れた新しい整体で痛みの根源に間接的アプローチ。【クレア整骨院】